先輩ママに、実際に使ってよかったベビーグッズ、育児グッズを聞いてみました。

育児ハック

【耳鼻科に通うのが大変】子どもの鼻水対策にメルシーポット(電動鼻水吸引器)

投稿日:

先輩ママの育児グッズの体験談です

 

先輩ママおすすめの育児アイテムと、その当時のお子さんの年齢・性別

メルシーポット(電動鼻水吸引器)、生後半年ごろから

 

メルシーポットを購入したきっかけは?どんなことに悩んでいましたか?

2人育児で、上の子がほんとうに赤ちゃん返りで大変でした。すぐに鼻水を出し、熱が出ない程度の時は耳鼻科に通うことをしていました。

 

しかし、下の子が産まれ、

「鼻水のために耳鼻科へ通う時間も労力ももったいないな」と感じるようになりました。以前からメルシーポットは知っていましたが、金額が高くて手が出せませんでした。

 

でも、「二人同時に鼻水が出ることもあるし、計算すると6年くらいは使用できるものだな」と思い、購入に踏み切りました。デザインもシンプルで少し小さくなり私のお気に入りアイテムになりました。

 

その悩みを解決しないとどんなマイナスポイントがありましたか?

毎回、鼻水を吸引するために病院に行かなくてはならないことです。貴重な医療費を鼻水吸引のためだけに使うことも気分的にも罪悪感がありました。

 

鼻水がだらだら続くと、中耳炎にもなりやすいと聞き、以前に中耳炎に気づかれなくて、耳に障害が残ってしまった話を聞いたことがあったので、心配になりました。

 

いくら子供と言えども、皮膚科に行って、小児科に行って、耳鼻科に行ってと繰り返していると体力も消耗するし、どこかで病気をもらってきそうな気持ちにもなりました。

 

病院に行くというともうそれだけで一日の半分は使ってしまうので、時間の使い方がもったいない感じになるなと思いました。

 

メルシーポットを購入したことによって、生活はどう変化しましたか?

わがまま、赤ちゃん返りが激しくなってきた二歳の上の子を抱えて病院に行く辛さ、これらをすべて解決してくれました。

 

出来れば薬を飲んでほしくないし、熱が出ていなければ心配はいりませんが、ティッシュも減るし、またティッシュ買わなくてはと思うこともなくなりました。

 

小さな子は特に肌も弱いので、鼻水をふくだけでも荒れてしまうこともあるし、柔らかめのお高いティッシュを用意するのもなんだかもったいない気分でいたので、メルシーポットでささっと鼻水を取るのは本当に簡単で購入してよかったです。

 

これまでは、何とか口で吸うタイプのものを使用して鼻水をとろうと思いましたが、全然吸えなくて苦労しました問題が解決しました。

 

 

新米ママへのメッセージ

子供は初めは音にびっくりします。
結構な爆音なので近づくのも嫌がりました、そういう時は仕方なく顔や手をしっかりと抱え込む形で抱っこをしてあげ、怖くないよという声掛けが大切になってきます。

 

3歳くらいになってくると、「ママ、鼻水じゅーしたいからやってね」と言うようになりました。

 

下の子はまだ赤ちゃんでよくわかっていないことが多いのでびっくりして驚きます。

 

でも、お姉ちゃんがやっていることはなんでもやりたがるこのため、次第に慣れてくるようになります。また、ちゃんとした機械のため安心して使うことができます。掃除も水を使ってささっと簡単にできますし、一家に一台はもっていてもいい商品だともいますね。

-育児に役立つ神アイテム

Copyright© 育児ハック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.