先輩ママに、実際に使ってよかったベビーグッズ、育児グッズを聞いてみました。

育児ハック

「ママ鼻水トッテ」は鼻水の吸い取る量や吸引力がヤバい!体験談まとめ

投稿日:2018年8月27日 更新日:

 

【ママ鼻水トッテ体験記①】赤ちゃんのネバネバ鼻水もすっきり吸引!

先輩ママの育児グッズの体験談です。

先輩ママおすすめの育児アイテムと、その当時のお子さんの年齢・性別

ママ鼻水トッテ(お口で吸える鼻すい器)、0歳6ヶ月男の子

 

ママ鼻水トッテを購入したきっかけは?どんなことで悩んでいましたか?

子どもは喘息で、鼻水が溜まるとすぐに咳き込んでしまうので、鼻吸いが欠かせなかったのですが、他の製品は吸う力が弱くて粘った鼻水が取れず、あまり意味がありませんでした。

 

苦しむ息子が可哀想だった。

 

また、吸引力が弱いと、何度も吸うことになるので、息子も苦しくて、えづいてしまってました。可哀想でなかなか自宅でケアができなかったので、常に耳鼻科のお世話になり、肉体的負担が私にも出てきて、親子共々疲れ切っていました。

 

そこで、元看護師の姉が、簡単に入手できて、一番良いと言って薦めてくれたのが「ママ鼻水トッテ」だった。すぐに試してみようと思い、購入しました。

 

その悩みを解決しないとどんなマイナスポイントがありましたか?

鼻水が気道に降りて行って、咳き込んでしまい、喘息様気管支炎になってしまうので、気が抜けなかった。

 

常に咳き込んでいる息子が苦しむ姿が痛々しくて、とても可哀想でした。咳で眠れずにぐずることも多々あり、息子が本当に可哀想に思っていた。

 

一歩間違えば、発作を起こしてしまうので、常に気が張っていたし、また、いつ咳き込んでしまうか、精神的な不安もあり、耳鼻科や小児科のお世話になる頻度が高くて、肉体的にも疲労していました。

 

鼻水によって出た咳による嘔吐も頻回にあり、吐瀉物の処理や掃除や洗濯なども頻繁にしなくてはならず、少なからず負担になっていた。

 

ママ鼻水トッテを購入したことによって、生活はどう変わった?

ママ鼻水トッテを購入してから、その吸引力や、簡単に綺麗に取れることに驚きました。

 

綺麗に取れるので、咳き込んでしまうことが減ったように感じた。

 

吸引力もあるので、何度も吸う必要がなく、息子も嫌がって泣かせてしまうことが少なくなった。鼻水に気づく度に吸っていることで、病院に行く回数も減り、咳き込んでしまって嘔吐することも減ったので、負担に思うことが少し減った。

 

また、部品が簡単に分解できるので、洗浄や消毒がとても楽でしたし、タンクの様な部品があることで、鼻水がチューブを登ってくることもなく、それも良かった。

 

 

ママ達に「本当に?そんなにうまくいくの?」と聞かれたら?

是非一度使ってみて欲しいです。

 

他社の製品は簡単過ぎる作りで、吸引力が弱くて、粘り気のあるネバネバ鼻水には対抗できないので、結局何度も吸って、取れなかったということが多すぎる。

 

子供にも負担がかかってしまい、とても苦しい思いをさせてしまう。

 

それに比べて、吸い取る量や吸引力が高いので、何度も吸うことがなく、ネバネバ鼻水も綺麗に取れるので、子供も体調が良くなってくれたし、あまり嫌がることもなくなった。

 

手入れもとてもシンプルで、使いやすいです。

 

電動式とは比べ物にならないくらい安価で、簡単に手に入るので、試しやすいし、一度は使ってみてほしい。

 

 

【ママ鼻水トッテ体験記②】ママも子供とすっきり気持ち良く眠れた!

先輩ママの育児グッズの体験談です

先輩ママおすすめの育児アイテムと、その当時のお子さんの年齢・性別

ママ鼻水トッテ、0歳9ヶ月の女の子

 

ママ鼻水トッテを購入したきっかけは?どんなことで悩んでいましたか?

始めは、母が何気なく買ってくれたピジョンの鼻吸い器お鼻すっきり(収納しやすい専用保管ケース付き)という商品を使っていました。

 

しかし、赤ちゃんの鼻にあてがう(吸引する)部分が浅く、奥の方の鼻までしっかり吸えないため吸引に時間がかかったり、そのせいで子供が泣いてしまって余計に鼻が詰まったりしました。

 

吸引を嫌がって泣くわ蹴るわ……鼻が詰まって寝られず可哀想で、一時は電動の吸引器の購入も考えましたが、費用の面で思いきれずにいました。

 

「鼻水吸引器 オススメ」のキーワードなどでインターネット検索をし、この商品にたどり着きました。

 

その悩みを解決しないと、どんなマイナスポイントがありましたか?

鼻づまりが深刻な時期は子供が熟睡できないため、鼻水が喉に流れ込むことでむせたり、それによって子供が泣いたりするので、母親である私も睡眠が断続的になってしまいます。

 

ただでさえ子供に付きっきりで看病するだけでも精神的な負担があるので、家庭内でなるべく子供が睡眠を取りやすい状態にするには、寝る前の鼻水吸引は必須でした。

 

我が家は田舎にあり、都会のように病院が多くありません。

 

また、どこの病院にも鼻水吸引器を備えている訳でないので、風邪をひいて鼻づまりがひどい時期は、朝と夕方に、かかりつけの小児科まで車で片道30分以上かけて通院していました。

 

病院の先生にも「しっかり家庭でも吸引してあげてくださいね」と言われていたので、吸引器なしであの時期を乗り切るのは難しかっただろうなと今も思います。

 

ママ鼻水トッテを購入したことによって、生活はどう変化しましたか?

最初に使っていたピジョンの鼻吸い器お鼻すっきりは、吸引する部分が浅く、赤ちゃんの鼻に装着する部分に少しスリットのようなものが入っており、どうしても空気が逃げやすく、(赤ちゃんの耳への負担を軽減させるためかもしれませんが)力いっぱい吸ってもうまく吸引出来ませんでした。

 

「ママ鼻水トッテ」にはそのような空気の逃げ道がなく、比較的スムーズに吸引できます。吸った鼻水の量は透明なケースで確認できますが、後者のほうが圧倒的に取れてました。

 

しっかり取れるので、それまでの苦手意識がなくなり、むしろ楽しんでやるようになりました(笑)。

 

夜中に子供鼻づまりがひどくなってくると、やるか…!とワクワクして吸引してました!(子供はやはり泣いてましたが、吸引後はすっきりするようで眠れていました)

 

 

ママ友に「本当に?そんなにうまくいくの?」と聞かれたら?

もちろんコツはあります。

 

子供が暴れないようにしっかり身体を押さえないと、鼻から吸引器がはずれてしまいます。少し可哀想ではあるのですが、声掛けをしながら、覆いかぶさるようにして身体を固定します。

 

そして、一気に吸います。「ほら!見て!こんなに取れたよ!!」と見せてあげると、泣き止んでキョトンとしながらケースの中の鼻水を見ています(笑)。

 

「反対側の鼻もすっきりしようね!」と言いながらもう片方も吸います。

 

こんな小さな鼻になぜこんなにも?というくらい鼻水が取れた時には快感ですよ(笑)。その後は母子ともどもしばらくの間熟睡できます。お試しあれ。

-育児に役立つ神アイテム

Copyright© 育児ハック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.