先輩ママに、実際に使ってよかったベビーグッズ、育児グッズを聞いてみました。

育児ハック

Bumbo(バンボ )ベビーソファは生活の様々なシーンで大活躍!体験談まとめ

投稿日:2018年8月30日 更新日:

【バンボ体験談①】縦抱きだっこに疲れた

先輩ママの育児グッズの体験談です

先輩ママおすすめの育児アイテムと、その当時のお子さんの年齢・性別

Bumbo バンボ ベビーソファ、0歳4か月・男の子

 

バンボを購入したきっかけは?どんなことで悩んでいましたか?

息子が4か月ごろは寝返りもできずあおむけの状態が本人も退屈だったのでしょう。縦抱きにしてだっこしていないと一日不機嫌で、母親の私も体も心も疲れていました。

 

口コミでバンボのベビーソファに座らせると機嫌がよいとのことで迷わず購入したところ、我が家では大ヒット!

 

自分がお座りできること、視界も変わってそれはそれはご機嫌でした。その間に家事をすることができましたし、抱っこしなくてよいので体も随分と楽になりました。

 

動き回るようになると抜け出すことが多かったので使用期間は短かったですが、それでもとっても救われたアイテムです。離乳食が始まったときにも椅子として使用できました。お風呂では滑りますのでお勧めできません。

 

その悩みを解決しないと、どんなマイナスポイントがありましたか?

バンボがないと、わが子の場合は一日中抱っこかおんぶしなくてはいけなくなります。それは母親にとってはすごく大変なことです。家事も出来ない、腕や腰が痛い、なにより精神的に参ってしまうと思います。

 

赤ちゃんにとっては肌のぬくもりを感じれる抱っこがよいのでしょうが…お互いがご機嫌に、リラックスして過ごせるほうが一番良いのではないでしょうか。

 

私一人で子供二人をお風呂に入れないといけない時、下の子(赤ちゃん)を脱衣所で待たせるときなど生活のさまざまなシーンでバンボが活躍してましたので必要不可欠でした。

 

 

バンボを購入したことによって、生活はどう変化しましたか?

体力的にも精神的にも大変楽になりました。

 

笑顔でいられることが多くなりましたし、バンボが様々な場面で使用できたことで、他の育児グッズも積極的に取り入れることが出来るようになりました。

 

ワンオペ育児でしたのでひとりで乗り切らなくてはいけない辛さがありましたが、工夫したり色々な使い方を発見したりと面白いこともたくさんありました。

 

バンボを使用したことによってわずかな時間でも抱っこしなくてもよいという一つの悩みが減り、育児がまた少し楽に楽しめるようになったと思います。

 

息子もまた新しい世界が広がったようで成長したなと感じました。

 

 

新米ママへのメッセージ

一度店頭で座らせてみて購入したほうが良いと思います。

 

バンボが上手く活用できなかったほとんどの原因は、赤ちゃん自身がバンボにお座りするのを嫌がることだからです。

 

泣き出してしまったり、動けるようになった月齢の子は割とすぐ抜け出すこともありあまり役に立たなかった…となるかもしれません。

 

出来ればママ友からお借りしたり、実際に生活の中で使用できれば一番ですね。合う合わないはどうしてもありますので一度試してみられることを強くおすすめします。

 

赤ちゃんが気に入ればお母さんにとって本当に助かる育児グッズとなること間違いないでしょう! バンボは育児中の母親を救う!

 

 

【バンボ体験談②】 衛生的で便利なバンボ、試してみてください

先輩ママの育児グッズの体験談です

Pexels / Pixabay

 

先輩ママおすすめの育児アイテムと、その当時のお子さんの年齢・性別

【バンボ】ベビーチェア、0歳6か月の女児

 

バンボを購入したきっかけは?どんなことで悩んでいましたか?

首と腰が据わりずりばいを始めて目が離せなくなった頃、お風呂で自分が髪や体を洗う間に娘をどこでどうやって待たせようかと悩んでいました。

 

目が届くところがいいけど、お風呂の洗い場で待たせると娘が濡れてしまう。

 

リビングの柵の中に入れておきたいけど、万が一柵から出た時にいろんなものに触るので危ない。

 

湯船の中に入れておくには、じっと座ってられないので転倒したときに危ない。

 

何かいい方法はないかなと悩んでいた時に、妹の家で同い年の姪っ子が使っていたバンボを見て試しに購入したところ、娘には合っていたようで大活躍しました。

 

その悩みを解決しないとどんなマイナスポイントがありましたか?

我が家は主人がいつも残業で遅くに帰ってきていたため、私が娘を一人で入れることがほとんどでした。

 

そのため、お風呂は着替えの準備や出てからのケアも急いで自分だけでするのも大変で、そして何より自分が洗う間に娘をどうしようかという悩みはいつもあり、お風呂が憂鬱になるほどでした。

 

日中に娘だけをまず入れて、主人が帰ってから改めて自分が入るという方法もありましたが、娘を寝かしつける間に自分が寝てしまうことも多々あり、夜遅くに再度お風呂に入るというのは大変面倒でした。

 

この時期はゆっくりお風呂に入ることよりも、ゆっくり寝たい方が大きかったです。

 

 

バンボを購入したことによって、生活はどう変化しましたか?

バンボはベルトもついていて、まだ小さい娘にはすり抜けることができなかったので、機嫌がいい日は脱衣所に置いて座らせてお風呂のドアを開けて目が届くようにして入っていました。

 

娘の顔の高さのところにおもちゃが来るように、台におもちゃを並べて娘の手が届くようにして遊ばせて、娘が飽きるころには自分も洗い終えていてちょうどよかったです。

 

バンボは水にぬれても大丈夫だったので、機嫌が悪い日は洗い場にバンボを置き座らせて話しかけながら入ることができたので、娘も安心したのかおとなしく待っていることが多かったので大変助かりました。

 

憂鬱だったお風呂が楽になりました。

 

 

新米ママへのメッセージ

じっとしとくのが嫌いな子にとっては、バンボは苦手という子も多いかもしれません。ですが、どうしても抱っこできない短時間であれば、子供が多少泣いたとしても自分の作業が進むので利用するのもありだと思います。

 

ちなみに別売りでテーブルもあるので、おやつや離乳食もあげていましたが、食べこぼしが多い赤ちゃんの時期でも簡単に水拭きできて衛生的です。

 

テーブルをつけた場合は、さらに抜け出すのが難しくなるので危なくありません。うちの子には合わないというご家庭もあるかもしれませんが、もしダメもとで試したい方にはお勧めです。

-育児に役立つ神アイテム

Copyright© 育児ハック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.