先輩ママに、実際に使ってよかったベビーグッズ、育児グッズを聞いてみました。

育児ハック

夏場の赤ちゃんの肌トラブルを守れ!真夏の授乳対策に授乳用腕まくら(アームピロー)

投稿日:

先輩ママの育児グッズの体験談です

先輩ママおすすめの育児アイテムと、その当時のお子さんの年齢・性別

授乳用腕まくら 0歳・女

 

授乳用腕まくらを購入したきっかけは?どんなことで悩んでいましたか?

6月生まれの初めての子育て。

 

暑い季節だったので、抱っこするたびに赤ちゃんの首と、首を支えながら抱っこする腕がいつも汗ばんでしまっていました。首の座っていない赤ちゃんなので、抱っこの時にどうしても首と腕が接してしまうのです。

 

その時に便利だったのが授乳用腕まくら(アームピロー)。

 

ふわふわの小さなクッションに、大人の腕につけられるようにゴムバンドが付いています。腕に小さなまくらを装着します。抱っこの時、授乳の時、寝かしつけの時。1日のうちで小さな赤ちゃんを抱っこしている時間は非常に長いと思います。デザインもいろいろあります。

 

その悩みを解決しないと、どんなマイナスポイントがありましたか?

生まれたばかりの赤ちゃんの肌はとても敏感です。赤ちゃんの首と、大人の腕が接した状態が長いと、赤ちゃんの首にあせもができてしまうなど、肌トラブルが起きてしまいます。

 

赤ちゃんはかゆみを伝えることができないので、原因不明で泣いてしまう原因になってしまうと思います。

 

また、赤ちゃんの体温は大人よりも高いです。夏場はただでさえ暑いのに、赤ちゃんの首と大人の腕が接したままになっていると、抱っこしている腕も汗をかきますし、体感温度も高くなります。夏場は抱っこしたくても暑くて長時間の抱っこは大変です。

 

赤ちゃんの肌のため、お世話をする側も抱っこの時の暑さ、汗対策をしなければなりません。

 

授乳用腕まくらを購入したことによって前と比べて生活はどう変化しましたか?

赤ちゃんを抱っこする時はほぼ授乳用腕まくらを装着していました。すぐに使えるよう、ベビーベットの横に置いていました。夏場の汗、暑さ対策だけではなく、授乳の時もクッションがあることで腕の負担が減ります。

 

汗対策や暑さ対策だけならタオルでも代用は可能かと思いますが、授乳用腕まくらにはもう1つメリットがあります。

 

授乳用腕まくらは、ドーナツ型に少し凹みがあります。生まれたばかりの赤ちゃんは、頭が柔らかいので、少し凹みのあるまくらを使うと頭の形の丸みが保てるような気がします。赤ちゃんの頭の形が気になる時も便利だと思います。

 

 

新米ママへのメッセージ

授乳用腕まくらは、必ずなければならないものではありませんが、私は使ってみてとても良かったと思っています。

 

赤ちゃんの敏感な肌を守ることができました。販売されている商品を見ても、あまり使用のイメージが湧かないかもしれません。

 

初めての育児でいろいろと悩みやストレスがありましたが、授乳用腕まくらがあったことで、授乳中や夏場の抱っこの悩みが少し解決しました。

 

育児の必需品とまではいかないので、なかなか自分では購入しないかと思います。これから育児をされる方などに、プレゼントとして贈ると喜ばれるかもしれません。 夏場の抱っこや授乳時に最適な授乳用腕まくらです。

-育児に役立つ神アイテム

Copyright© 育児ハック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.